【黒子のバスケ】黄瀬涼太とかいう、作中最強のポテンシャルを持つ男【パーフェクトコピー】 / American valhalla~アニメまとめブログ~



邦画(アニメ) 黒子のバスケ

【黒子のバスケ】黄瀬涼太とかいう、作中最強のポテンシャルを持つ男【パーフェクトコピー】

黒子のバスケを読んでいる人でも、作中最強を上げるのであればこの黄瀬涼太を上げる人もいるのではないかと思います。

黄瀬涼太はキセキの世代の一角であり、短いバスケット歴からは想像にもつかないプレーを連発できる選手です。これほどのクオリティを見せることが出来るのは、黄瀬涼太の

「呑み込みの速さ」

が関係しています。

 

黄瀬は一度見た人間の動きの特徴を洞察し、そこからメカニズムを理解します。それによって見た動きをそのまま再現することが出来るのです。普通ならばそんなことはできないのですが、圧倒的なまでの運動神経を誇る黄瀬涼太からすれば、それは難しくありません。

バスケットセンスにおいては、キセキの世代の中でも1、2を争う

と語られていることから、そのポテンシャルがずば抜けていることが伺えます。

 

一見すると最強であるコピー能力ですが、実のところは

自分の身体能力で出来ることだけを再現しているだけ

なので、自分よりも格上の技を盗んだり、また仮に盗めたとしても体には大きな負担がかかるために制限がついてきます。

 

とはいっても、やはり強力な選手であることは間違いなく、あらゆるポジションを高いレベルでこなすことが出来るオールラウンダーです。今回はそんな黄瀬涼太というキャラクターを掘り下げていきます。

 

黄瀬涼太の能力やプレイスタイル、性格ってどんなの?

黄瀬涼太、海常高校の1年生であり同時にチームのエースを努める天才バスケットプレイヤーです。キセキの世代は天才の集まりであると言われていますが、

天才という言葉が、

呑み込みが早く、なんでも器用に出来る

と言われるのであれば、やはり真の天才は黄瀬になるだろうと言えます。

人物的特徴

黄瀬の特徴はかなりの美男子であるということが一つです。最強のバスケ部に所属していながら、モデルもやっています。

加えて性格は、明るくて誰にでも好意的な態度を取ることが出来ます。ただ、気に入らない相手には生意気な態度を取ることもあります。黒子に対してもひと悶着ありました。

しかし、一度その実力を認めると、犬のようにすり寄ってくることから、なんJ民もびっくりの手のひら返しキャラと、いえます。

 

割と性格に難があるかもしれない。

純粋がゆえに相手の気持ちを考えられないことがおおく、作中でも言及されていたりします。そのため、いじられていたりする場面も多かったりするのですが、それが黄瀬の魅力であるともいえます。

しかしながら、中学校時代は黄瀬が発案した「遊び」によって多くのバスケプレイヤーの芽が摘まれていることを考えれば、純粋さと意地汚さは紙一重なのかもしれない、と、感じざるを得ません。

幼い子供が虫を殺すような感じで、黄瀬もまた自分の力で人を傷つけた過去があるのです。

 

と、ここまで書けば悪人のような印象を受けますが、意外と上下関係はしっかりしているので、先輩の言うことはちゃんと聞いたりします。だから他のキセキの世代に比べると扱いやすい印象を受けるかもしれません。

 

黄瀬がバスケットを始めた理由。

あらゆるスポーツを一瞬でトップに立つことが出来る才能のせいで、いまいち熱中できる世界がありませんでした。

そういった時に体育館で見た青峰大輝のプレイに度肝を抜かれます。

生まれて初めてみる、自分には再現できない動きをする人間

そこで、黄瀬涼太は帝光中学のバスケ部に入学することになります。1軍合流は歴代の中でも異例といえる昇進スピードであると言え、わずか2週間で1軍入りを果たすことに成功します。

野球で言えば、そこら辺の高校生が大阪桐蔭に入っていきなりレギュラーを取るようなものですから、とんでもないです。

 

ただ、順風満帆であったかと言えばそんなことはなく。

黄瀬の前には黄瀬と同じく敵の動きを自分のモノにする灰崎が立ちふさがります。同じようなプレイスタイルであるも、一日の長のある灰崎に対して黄瀬は一度も勝つことが出来ず燻っていました。

最終的に灰崎は退部させられることになったので、うやむやなままキセキの世代と呼ばれるようになった過去があるのです。

 

とはいっても黄瀬の成長速度はとてつもないので

もっとも、中学校の時点で

黄瀬の成長速度は灰崎の比ではない

と赤司征十郎に評されていたために、最終的なレギュラーは黄瀬になっていた確率が高いだろうと言われています。

 

黄瀬の能力に関して。

作中で語られていた黄瀬の能力に関して言及していこうと思います。

コピー能力

一度見た技を自分のモノにすることが出来ます。

しかも、シュートだけでなくドライブやブロックの仕方なんかもコピーすることが出来、挙句の果てにはパスの仕方までコピーすることが出来ます。

ここまで完璧に出来るので、あらゆるポジションを守ることが出来るのですが、大抵にチームに入ればエースになってしまうのでスコアラーであるフォワードになることが多いと言えます。

ただ、世界戦においてPGも器用にこなしている描写が成されていたことからチームの状況に応じて「自分の居場所」を自在に変えることが出来る、ユーティリティーであることが伺えます。

パーフェクトコピー

各ポジションにおいて最強である、キセキの世代の技を5分間に限り、使い続けることが出来ます。

 

キセキの世代の中でも格下と言われていた黄瀬が見せるこの技は、作中において間違いなく最強技であると言えます。

この技があるおかげで黄瀬は最強キャラクター論争で名前が挙げられるようになりました。

 

デメリットはあります。

オンリーワンのセンスを持っているキセキの世代の技なので、その消耗、負担は果てしなく、作中においてはこの能力を身に着けることが原因でケガをしてしまった、という描写もされていました。

しかしながら、一度発動すると手のつけようがなくなり

キセキの世代をいっぺんに相手しているみたいだ

と言われています。

 

パーフェクトコピーのカラクリ

実際のところ、一つ一つの技のクオリティは本物には劣ります。青峰みたいにスピードは出ませんし、赤司のように完璧な未来を見通すことは出来ません。

それでも足りない部分を工夫することで

「限りなく本家に近づけている」、

とされています。

 

その結果、

コピーというにはあまりにも、高い完成度

とされていることから、どのみち圧倒的な脅威であることは変わりません。

 

ちなみに得意不得意もあるらしい。

ちなみに全員の技を使えると言っても、若干の得意不得意があるようで一番得意な青峰のコピーは多用する傾向にあるそうです。

やはり、ずっとあこがれ続けていた相手の技だからこそ、その技を極めようと思えるし、その中でおのずとクオリティも上がってきたんだろう、推測できますね。

 

パーフェクトコピー×ゾーン

番外編においては、パーフェクトコピーにゾーンを重ねがけする、

チート行為

をやってのけました。

 

これに関しては、最強の肉体を誇るジェイソンシルバーも圧倒されており、黄瀬のダンクシュートを止めようとするも力負けしていることが伺えます。

また、他の面々も青峰のアジリティや、赤司のエンペラーアイ。そして距離を取ろうものなら緑間の3Pなど、手のつけようがなかったです。

 

緑間曰く

コート上の選手で最強は黄瀬だ

とのこと。

黄瀬涼太の潜在能力の高さの計り知れなさが見れます。

正し、その強さは制限付きだ

とも言われていました。

 

しかし、仮に黄瀬が3年生になり体力を身に着け、パーフェクトコピーやゾーンの持続時間が増えるとどうなるのか?

そうなれば、他のキセキの世代も非常に分の悪い勝負をしなければならないのだと思います。

 

今は黄瀬が他のキセキの世代に挑戦するような形になっていますか、青峰の才能が中学校で開花し、敵なしになったように、黄瀬もかつての青峰のように敵がいなくなってしまうのかもしれません。

 

黄瀬涼太の名シーンは初のパーフェクトコピー披露。

黄瀬涼太はいろいろな名シーンがあると思いますが、個人的に興奮したシーンと言えば、パーフェクトコピーを披露したときだと思います。

黄瀬涼太という他のキセキの世代に比べると、明らかに格下に描かれていたキャラクター、それが最強クラスに躍り出るという胸アツ展開。これがあるからコピーキャラクターはやめられません。

 

ここら辺から作画もかなり完成度が上がってきて、絵に「説得力」がついてきたなと感じました。やっぱり最強の技はそれなりの画力で書かれなければ映えないのです。

 

あまり関係ないのですが、昔ボーボボの作者がオシリスの天空竜を書いていたのですが、悲しいことに作者の画力がついてきていなくて、明らかに頼りないオシリスが描かれていました。

 

黒子のバスケの黄瀬涼太について。

ということで、黄瀬涼太について書いていきました。

 

黄瀬の活躍は作中でも多く描写されています。

VS青峰、VS灰崎、VS誠凜、VSジャバウォック

見せ場の多い選手であることは間違いありませんし、敵が強ければ強い程その力を発揮していることが分かります。黄瀬はもともと天才ですが、幾多の戦いを繰り広げる中でよりそのセンスを磨き上げ、成長する

進化する天才である

ともいえるでしょう。

 

そういった強くなることにどん欲である黄瀬のことを応援したくなるファンは多いのではないかと思います。僕自身も結構好きなキャラで、緑間の次に好きです。

 

キセキの世代の中では常識人ですが、ふつうの集まりの中に入れば、ちょっとずれている。そういった描かれ方もまた魅力の選手です。そんな一選手を掘り下げることが出来て、良かったと思います。

-邦画(アニメ), 黒子のバスケ

Copyright© American valhalla~アニメまとめブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.